骨造成を回避するインプラント治療|川崎市多摩区のインプラントならふじなみ歯科医院

www.fujinami-dc.com
Information
トップページ top page
院内紹介 facilities
スタッフ紹介 staff
インプラント治療
インプラント治療について implant treatment
インプラント治療の流れ  treatment flow
切らないインプラント治療 Flapless
骨造成を回避するインプラント治療 Glaftless
オールオンフォー(無歯顎即日治療) All-on-4
切らない手術法によるオールオンフォー
最少2本で可能な固定式義歯(オーバーデンチャー)
インプラント症例紹介 esthetics
審美歯科治療
審美歯科治療について esthetics
セラミックス治療 ceramics treatment
ホワイトニング whitening
矯正歯科治療
矯正歯科治療について orthodontics
予防歯科
PMTC(歯のクリーニング)について
医療費控除のご案内
デンタルローンのご案内
リンク
デンタルコンセプト21 (スタディグループ)
インプラント・チーム医療
ふじなみ歯科医院・インプラントセンター

〒214-0001 神奈川県川崎市多摩区菅2-1-1 サンユウビル3F
JR南武線「稲田堤」駅・徒歩1分/京王線「稲田堤」駅・徒歩5分

診療予約(Mail)
周辺地図(Map)
サイトマップ

骨造成を回避するインプラント治療

従来のインプラント治療では、
・インプラントを埋入するための骨幅がないため
・インプラントを埋入するための骨の高さがないため
・審美性の長期的な維持・安定のため といった理由から多くの症例において骨移植や骨造成という外科手術が行われてきました。 しかし、40年以上のインプラント治療の歴史の中で、
・インプラント製品や材料などの品質が向上したこと
・CTやコンピュータ ・シミュレーションによる精密な診断や精確な手術が可能になったこと
・多くの臨床研究の結果、科学的な根拠が示されていること

以上の理由から骨移植・骨造成を行うことなく通常通りにインプラント治療を行うことができる症例が増えてきました。

患者さんが骨移植・骨造成を選択したくない理由

・インプラント手術前に別の外科手術を受けることになる(手術回数が多くなる)
・通常3ヶ月程度で修了するインプラント治療が9〜12ヶ月と長期になる(治療期間が長い)
・外科手術後の合併症のリスクがある(より安全・確実な治療法を選択したい)
・手術回数や治療期間が長いため治療費も高くなる(経済性)

グラフトレスコンセプトに基づいたインプラント治療

・ショートインプラント
下顎神経や上顎洞までの骨の高さが足りない症例において標準的なインプラントよりも短い長さのインプラントを使用して治療を行うことが可能です。インプラントを埋入してから約3ヶ月経過してインプラントと骨が完全に結合すればインプラントの長さは関係ないということは多くの文献で証明されています。 ショートインプラントはわずか5〜7mm程度の骨の高さがあれば使用可能ですが、 患者様個人の咬合力や口腔内の状態によって使用可能かどうか診断いたしますので、お気軽にご相談ください。
・インプラントの傾斜埋入
インプラントを天然歯と同様に垂直に埋入するためには骨の高さが足りないといった場合において、 インプラントを傾斜させて斜めに埋入することが可能です。垂直に埋入されたインプラントと傾斜して埋入された インプラントの成功率に差はないということは多くの文献で証明されています。インプラントを傾斜して埋入することは、 より骨質の良い部位にインプラントを埋入できることやインプラント本数を少なくすることなどに大きな優位性があります。
・オールオンフォー
歯をすべて失った方にとって、インプラント治療を行うために骨移植や骨造成を行うことは大変苦痛です。さらにインプラント治療後の治癒期間(約3ヶ月)において満足に食事もできない状態だとすれば、インプラント治療を諦めるしかなかった患者さんも多いと思います。 オールオンフォーとは、骨移植・骨造成を行わなくても手術当日に固定性のブリッジを装着して、その日から食事もできるようになる画期的な治療法です。
オールオンフォーについての詳細はこちらから